院内案内

感染予防

西田歯科では、患者さんに安心・安全な処置を受けていただくためと従事するスタッフの安全のため院内感染管理に最も重点を置いており、世界で最も厳格なヨーロッパ基準に合わせた感染管理を目指しています。

一度使用した医療用器具がきちんと洗浄および滅菌がされていないものを使って治療を行えば、それが感染経路となり、患者さんへ感染を伝播してしまう可能性があります。そのため、可能なものはなるべく使い捨て製品を使用し、一度使用した医療用器具は使い回しせず、すべて洗浄・滅菌を行います。医療用器具の洗浄、滅菌にはスウェーデンのGETINGE社の洗浄機および滅菌機を使用しております。
また診療用チェアーには給水消毒システムが装備されているドイツのKAVO社およびSIRONA社のチェアーを使用しています。安心と安全こそが患者さんにとって最高の利益と考え、当院スタッフは真剣に院内感染防止に取り組んでおります。どうぞ安心して治療をお受け下さい。

消毒と滅菌の違い:

消毒は「人体に有害な病原性を有する微生物を死滅させる」 滅菌は「すべての微生物を死滅させる」事です。
一般では除菌や殺菌という表現も使われていますが、医療用語では消毒・滅菌という言葉を使用し、清潔度のレベルを表しています。

(写真左)ラピッドステリライザー Getinge HS22
(写真右)ウォッシャー ディスインフェクター 1345シリーズ

説明イメージ

※ 西田歯科では、治療などで使用している水は消毒しています。


デジタルレントゲン

レントゲン写真をデジタル化することにより、従来のフィルム型に比べX線の被曝量は2分の1から3分の1になり、また現像時間も大幅に短縮になることによりスムーズな診断が可能となりました。

説明イメージ


炭酸ガスレーザー

レーザーは主に組織の蒸散、切除、切開,止血などに使用されています。レーザー治療のメリットは、麻酔を使わずに無痛治療が可能もしくは少量の麻酔での処置ができ、出血が無く縫合も必要ないことなどです。
さらに化膿止めなどの術後の投薬が不要であったりするため今まで心疾患やアレルギー、血液疾患などの方も安心して治療を受けられます。

説明イメージ

ダイアグノデント ( 歯面状態認識装置 )

ダイアグノデントは、レーザー光により歯質の変化を測定するため、 探針による触診のように歯質を破壊し再石灰化を阻害する可能性がありません。 さらに視診やX線などでは見落とされていたわずかな歯質変化も発見できるため、MIの概念に則した正確な診断が行なえます。

説明イメージ

PerioSaver ( 顕微鏡 )

口腔内細菌の動画像や静止画、患者基本情報から観察情報までを一元管理できる画期的なシステム。 モニタを通じて、患者さんに生きた口腔内細菌を見せることができるのでインフォームドコンセントを円滑にし、歯周病予防の認識を高めることが可能です。

説明イメージ

シンプル&モダンな待合室

当院では待っていただいている時間を心地良くお過ごしいただけるようにしてあります。
おいしいお水もご用意していますので、リラックスしてお待ちください。

説明イメージ

カウンセリングルーム

患者様がしっかりと治療の流れや内容をご理解していただけるように、専用のカウンセリングルームがあります。
しっかりと安心できる治療をしていくため、納得の説明をいたします。

説明イメージ

おいしいお水

待合室にウォーターサーバーを設置しております。
アクアクララの美味しいお水ですので、診療前後にくつろぎのひとときをお楽しみください。

説明イメージ

安全・安心の滅菌システム

衛生面には万全を期するために日本の基準よりも厳しいヨーロッパ基準のオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)やガス滅菌を使い、患者さまのお口に入る物は滅菌しています。どうぞ安心して治療をお受けください。

説明イメージ

ご相談フォーム